衆議院議員太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告

活動報告

2019年11月30日公明党石川県本部の皆さんが、被災地の状況視察。

公明党石川県本部の皆さんが、被災地の状況視察。加藤康治県議、勝山秀夫市議と共に対応させていただきました。
被災した、下水道処理施設、破堤現場、災害ゴミの集積場、新幹線車両センター、明日から入居が開始になる仮設住宅及びトレーラーハウスタイプの仮設住宅等を視察。
石川県からは、行政支援を始め多くのボランティアのみなさんが支援に駆けつけていただき、県本部でも救援募金を行っていただいております。

 

77279161_1881624928647980_5816009068862504960_n.jpg
78371595_1881624941981312_3338827994461372416_n.jpg
77428056_1881624938647979_6219953732348542976_n.jpg

 

2019年11月30日台風被害に挑む〜被害者に寄り添う公明党〜

台風被害に対応した、公明党の活動が紹介されています。
長野県では、避難所が解消され(一部統合避難所として暫定的に継続)新しいステージに進むことができます。
国と県・市のネットワークで被災者に寄り添い、生活再建、なりわいの再建のため力を尽くして参ります。l.php

2019年11月27日科学技術・イノベーション推進特別委員会

科学技術・イノベーション推進特別委員会で、SNS・AI等を活用した災害対応について質問致しました。
長野県ではTwitterでの情報収集により、50件の救助が行われました。
また、LINE上で被災者からの問い合わせに24時間対応することができるチャットボットシステムを活用し、長野市では1ヶ月間で25万件のメッセージを受信。いずれも行政、被災者双方にとって有効な取り組みです。そこで、現在のチャットボットをさらに進化させたAIチャットボットの推進について要望。
次に、本年4月から本格運用が開始されておりますSIP4Dについて確認しました。
SIP4Dとは、災害時の情報共有に際して、複数の情報を一元化し「利活用側が必要な形でのデータ提供」が可能となるものです。長野県の災害廃棄物の処理に取り組む「ワン・ナガノ」の取り組みに大きな力を発揮しています。
更に、SIP4Dを活用しつつ防災チャットボットを利用すること、例えば「SNSで「○○市で洪水が発生している」という情報と、SIP4Dの雨量データを重ね合わせることで、救援や避難指示などの意思決定に役立つ情報となります。現在研究開発中ですが、今後の見通しと、早期の運用を求めました。

 

78399521_1877932525683887_539340445180755968_n.jpg
78839573_1877932535683886_4968695562770579456_n.jpg

 

2019年11月18日第3回自治体政策フォーラム

石川県本部の、第3回自治体政策フォーラムに出席。
金沢市、加賀市、野々市市、小松市のご要望をお受けしました。
身近な道路や河川の改修から、農政、教育、社会保障、スマートシティ、プラごみ対策等々多岐にわたるご要望をいただきました。
事前に調査した内容をお伝えすると共に、意見交換。現場の声をお聞きする貴重な機会となりました。
また、北陸新幹線も復旧に向けて前進しております。「かがやき」「はくたか」は、間もなく災害前の状況に戻ります。

 

77141500_2473074726152308_595566974449221632_n.jpg

 

2019年11月17日「公明文化講演会」

今日は公明党石川県本部の「公明文化講演会」
「ある町の高い煙突」の松村克弥監督にご講演いただきました。

明治時代、茨城県で日立鉱山による煙害が発生したときに、住民と会社が根本的な解決を目指して、困難を乗り越え、信頼関係を築き克服した実話が描かれています。
松村監督のお人柄もあり、とても和やかで真摯な講演会となりました!

 

 

73220934_1866270836850056_7058392517451972608_n.jpg

 

2019年11月17日長野市内の応急仮設住宅の建設現場を視察

昨日は、長野市内の応急仮設住宅の建設現場を視察。
このうち、上野の森公園の建設現場では、今月末引き渡しを目指して、1K、2DK、3Kの住宅45戸を急ピッチで建設。
また駒沢団地では、トレーラーハウス15戸が設置中でした。当然雪国仕様であり、応急仮設住宅入居期間終了後の活用など、有効性も感じました。原田社長は、自らが被災されながら、被災者のためにと陣頭指揮で頑張っておられます。グループ補助金などの資料などもお伝えしました。
冬が近づいています。一刻も早い仮設住宅入居で、被災者の皆様の生活再建のための一歩となることを願います。

 

76647967_2470010889792025_6388564776770863104_n.jpg
74444625_2470010903125357_8819560843772428288_n.jpg

 

2019年11月15日国道18号上田バイパス建設促進期成同盟会

土屋上田市長、岡田千曲市長、花岡東御市長はじめ、国道18号上田バイパス建設促進期成同盟会の皆さんが、要望に来られました。
財務省では遠山副大臣、国交省では赤羽大臣がご対応くださいました。
台風19号で大きな被害を出した千曲川沿いの市町にとって、安心安全につながる大切な道です。
復旧・復興と併せ、推進して参りたいと思います。

 

77151436_1863701840440289_6268973821890396160_n.jpg

 

2019年11月12日「農業農村整備の集い」

昨日「農業農村整備の集い」に出席。また長野県の土地改良団体の皆様から、ご要望もお受け致しました。
今般の台風19号をはじめとした災害からの復旧・復興を進めること。また、その際には再度災害防止のための措置も講じていかなければなりません。
農業を次世代に繋いでいくため、農地整備!水利施設等の維持・更新に力を尽くして参ります。

 

75464237_2459852087474572_5202917386600054784_n.jpg

 

2019年11月05日再発防ぐ改良復旧に総力

赤羽国土交通大臣が、長野県を視察。
被災地である、佐久市、東御市、上田市、長野市及びJR東日本の新幹線車両基地をつぶさに視察していただきました!

 

74283844_1851660281644445_584170884319674368_n.jpg

 

2019年11月04日がんばろう長野

今日は、赤羽国土交通大臣が長野入り。
佐久市、東御市、上田市、長野市及びJR東日本の新幹線車両基地をつぶさに視察。

清水純子県議・加藤康治県議が同行。また、それぞれの現場では、知事、市長及び公明党の地元市町村議の皆さんが同行させていただきました。
最後に長野県庁で、阿部知事と意見交換。中川宏昌県幹事長も駆けつけ、国に対するご要望について、大臣にお聞き取りいただきました。
権限代行をはじめ、国の力強い支援により、復旧に向けて力強く前進しております。しなの鉄道の復旧も14日には、とのお話しもありました。復旧・復興に向けてがんばろう長野

 

74155963_1851135638363576_689337307500642304_n.jpg
74165402_1851135658363574_4133388392941486080_n.jpg
75543478_1851135691696904_1620201297732960256_n.jpg

 

ページの先頭へ