衆議院議員太田まさたか オフィシャルサイト

ホーム > 活動報告

活動報告

2019年05月24日「活気ある温かな地域づくり推進本部」

公明党政務調査会と「活気ある温かな地域づくり推進本部」で、片山地方創生担当大臣あて、第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」策定に向けた提言を行いました。
2014年に始まった、第1期の総合戦略が本年最終年を迎え、来年に向けて、新たな総合戦略を編成することから、「活気ある温かな地域づくり推進本部」で、提言案を取りまとめたものです。
内容は、第1期の総括、第2期策定に向けた重要な論点、具体的提言からなり、公明党の地方議員はもとより、市長会、町村長会を始めとした地方自治体などからご意見をいただき、取りまとめることができました。
総合戦略策定まで、関わって参りたいと思います。

 

60903277_1695343417276133_1198252277370978304_n.jpg
61346299_1695343413942800_6176479059766149120_n.jpg

 

2019年05月24日経済産業委員会

本日、経済産業委員会で、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(独占禁止法)改正案の質疑を行いました。
課徴金の算定期間を最長10年前まで遡れること、事件の真相解明に協力を行った内容に応じた減算率等の減免制度の改正、検査妨害に係る罰金の引き上げなどが改正されます。
中小企業が、不当に不利益を与えられることのないよう、GAFAの不透明な取引慣行なども含めて質問致しました。

 

61217012_1695302227280252_7203468644330766336_n.jpg

 

2019年05月21日中部横断自動車道の早期整備に関して要望を行いました。

長野県の阿部知事、山梨県の長崎知事、北杜市の内田議員、進藤議員と共に、石井国土交通大臣に対し、中部横断自動車道の早期整備に関して要望を行いました。
ミッシングリンクとなっている、長坂〜八千穂間の環境影響評価等の手続きを促進し、早期開通に向けて強くご要望しました。

 

60623246_1693007237509751_574775467266015232_n.jpg
60783664_1693007190843089_7965088159774015488_n.jpg

 

2019年05月21日北陸新幹線建設促進大会

今日は北陸新幹線建設促進大会に参加。その後、長野県、富山県、石川県、福井県の各知事と新潟県、京都府、大阪府を含む議会議長、北陸、関西の経済団体の代表の皆様から、公明党として、北陸新幹線の整備促進についてご要望をお受けしました。
まずは令和4年度末までの金沢・敦賀間の確実な開業実現と、その後敦賀・大阪間の全線整備を目指します。

 

60989142_1693000444177097_7564301276503080960_n.jpg

 

2019年05月18日公明党長野県本部の、新人議員研修会

公明党長野県本部の、新人議員研修会。
統一地方選において、県議2名を含む7人の新人議員が誕生しました。
中川幹事長はじめ、総務局長、議会局長、団体渉外局長、遊説局長、機関紙推進委員長などから、具体的な取り組みについて説明。
私からは、立党精神、議員の姿勢などについてお話し致しました。

 

60664786_1690159744461167_3589708695056941056_n.jpg
60469300_1690159661127842_8163830207959007232_n.jpg

 

2019年05月18日安曇野市内で発生した、凍害による被害視察

安曇野市内で発生した、凍害による被害視察。
地元安曇野市の小松芳樹議員・中川宏昌県議 とともに、被害状況の現地視察を行いました。果樹(りんご・梨)で2億円の被害見通し。地元の宮澤市長も駆けつけていただき、JAの技術員から説明を受けました。

 

60412494_1690146697795805_1519078560491372544_n.jpg
60520620_1690146824462459_4637854468182900736_n.jpg
60401552_1690146844462457_4581143642697105408_n.jpg

 

2019年05月17日「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律案」

本日、内閣委員会で「成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律案」について質問し、全会一致で可決致しました。
本法律案は、成年被後見人等を資格・職種・業務等から一律に排除する規定等(欠格条項)を削除し、個別審査規定へと適正化することで、被後見人の人権が尊重されるための措置を講ずるものです。
認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)では、2025年には約700万人(65歳以上の5人に1人)が認知症となり、介護サービス利用契約の支援などを中心に、成年後見制度の更なる活用拡大が期待されています。
私からは、個別審査規定の解釈や適用・運用によって格差が生じないようガイドラインを示す必要性や合理的配慮の提供、また申立費用や後見人の報酬の助成制度を使いやすくするための国の支援などを求めました。

 

60619282_1689111481232660_6371867593191456768_n.jpg
60799831_1689111484565993_1711541551173206016_n.jpg

 

2019年05月15日「SNSカウンセリングシンポジウム」

「SNSカウンセリングシンポジウム」でご挨拶。
2017年に長野県で始まった、SNSを活用した相談事業も、30自治体(19都道府県、8政令市、3市町村)に拡大。
全国どこでも相談できる体制の整備のため「SNSカウンセリング協会」が設立され、相談員の育成や情報の共有、更に事業拡大にも取り組んでいただいております。
ともあれ、まだ30自治体。全国どこでも相談窓口が開いていることが重要です!

 

60215768_1687430351400773_7884961868375130112_n.jpg

 

2019年05月13日街頭演説からスタート

今朝は、長野市の近藤満里議員とともに、街頭演説からスタート。
教育の無償化について、また、後半国会の重要法案である「児童虐待防止法改正案」「参議院歳費削減法案」について、お話し致しました。

 

59988077_1685533648257110_910020337851170816_n.jpg
60236592_1685533658257109_1806806133411676160_n.jpg

 

2019年05月11日経済産業委員会で、質問させていただきました!

経済産業委員会で、質問させていただきました!
国民生活において重要な法案です。終盤国会も気を抜かず取り組んで参ります!

 

60025039_1684018718408603_3970322894327644160_n.jpg

 

ページの先頭へ